釜タリナハン’s blog aquarium

水草水槽いつまで続くかな? 釜タリナハン不安啼き

39【王道アクア挑戦02】

(あめ)

 

お疲れ様です。

 

ボトルアクアのミスト中のキューパ

枯れています

これは水中葉から水上葉に変わるとき枯れたようになるが、水上葉に生まれ変わった小さな新芽が出てきます
f:id:kamatarinahan:20170705211201j:image

 

過去ミスト密封ではカビに悩まされたが、熟成された強い水を入れた後であればカビや苔どころか透き通った水のままである
f:id:kamatarinahan:20170705211504j:image

水を飼うということか(しみじみ)

 

さてさて600スリム王道アクアに挑戦では

 

レイアウト色々と試しましたが大体のイメージが整いました

あくまでイメージなのでこっからは自分の感性のままに実践あるのみ

実践に勝るもの無し何事も
f:id:kamatarinahan:20170705212235j:image

 

ダムで拾ってきた流木メインで

上から見たらまあまあきついスリム水槽

スリム水槽は軽い、水換え楽ちんで経済的

2Dアクアデザイン(平面デザイン)は非常に合理的だ
f:id:kamatarinahan:20170705212650j:image

 

とりあえず左側が長いので切る
f:id:kamatarinahan:20170705213259j:image

切る

ガンガン切って間違えてもボンドで繋げてやり直せばOK
f:id:kamatarinahan:20170705213409j:image

 入れてみて確認   こんな感じかな
f:id:kamatarinahan:20170705213438j:image

 

テープで着けて固定

デザインを確認
f:id:kamatarinahan:20170705213539j:image
f:id:kamatarinahan:20170705213648j:image
f:id:kamatarinahan:20170705213711j:image
f:id:kamatarinahan:20170705213734j:image

 

こんなんでいこ
f:id:kamatarinahan:20170705213816j:image

 

いきなりイメージが変わったが

上に乗せた流木と土台となる流木を繋げる作業。上と下の流木の太さがぴったり同じところを切って繋げます。
f:id:kamatarinahan:20170705213929j:image

遠慮なく切る
f:id:kamatarinahan:20170705214010j:image

ここの太さでぴったり
f:id:kamatarinahan:20170705214310j:image

土台となる方も切ります
f:id:kamatarinahan:20170705214349j:image

 

互いに切った面をくっつける
f:id:kamatarinahan:20170705214450j:image

 

出っ張った小口は鉄ヤスリで削ります
f:id:kamatarinahan:20170705214618j:image

 

繋げるときのボンドはコンクリートにも木材にも使える夢のようなボンド
f:id:kamatarinahan:20170705215146j:image

色々使ったがこれのアクアにおける利点

①石にも使える

②速乾

③水にもいける(濡れていると着かない)

④若干乾燥後、指で加工出来る(塗ってすぐでも濡れた指では加工可能)

⑤強度が高い

⑥チューブタイプでエポキシ樹脂みたく練らなくても良い

 

※追記:ミスト時期ぐらぐらしたので瞬間接着剤で補強しました。瞬間接着剤はコーラルフィックス(水をかけて固まるもの)

これでもかなり強固です。

木は瞬間接着剤、コンクリートボンドは石の接着におすすめします。


結束バンドでがっちり固定
f:id:kamatarinahan:20170705220001j:image

 

でもすぐ乾くので、即デザイン再開
f:id:kamatarinahan:20170705220358j:image

 

ハアハア楽しすぎるDIワーイ

アドレナリンぶしゃ~

 

 

デザイン真ん中の木も固定してしまう
f:id:kamatarinahan:20170705220823j:image

 

数分後には立ててもある程度固まってます
f:id:kamatarinahan:20170705220932j:image

 

こんな感じで
f:id:kamatarinahan:20170705221031j:image

 

あれ、ちょっと長くね

 

違う種類の流木同士だと組んだときは若干違和感があるが

モス、ハイグロフィラピンナティフィダなど

活着系水草を入れると馴染んでくるが、今回は空間、素材、水草とのメリハリが大切なので、細い木をくっつけてしっくりさせていくことにした。

 

同じ流木同士だとありきたりなので、個性がでるよね

 

 

いける、いけるはず

 

広告を非表示にする