釜タリナハン’s blog aquarium

水草水槽いつまで続くかな? 釜タリナハン不安啼き

64【入魂その2】

(くもり)

 

本日痛めた腰にむち打ち

レイアウトの続き、構図編

 

水槽は60㎝スリム、スリムだから限られた空間にレイアウトする難しさをつくづく感じました

 

奥行きがない中、ある程度ダイナミックな流木を使うと必然的に奥行きも大きなものになります

 

まず、石をバスコークで固定
f:id:kamatarinahan:20180502203217j:image

接着力は弱いものの、リセット後の取り外しが楽

 

スタンプウッドにブランチウッドを固定

シンボルが決まれば、あとは悩むことはありません
f:id:kamatarinahan:20180502203838j:image

 

もうひとつ、固定せず置く

三角構図を意識しながら
f:id:kamatarinahan:20180502203948j:image

 

そしてバックに植える有茎草を意識しながら

流木で邪魔にならぬように‥
f:id:kamatarinahan:20180502204121j:image

 

おまけでもらった小さい木っ端

これ使えんじゃね?
f:id:kamatarinahan:20180502204409j:image

 

スタンプウッドに差してみる

お、違和感ない、やっと使えるとこ見つけた!

でも、今回はやめときますか‥
f:id:kamatarinahan:20180502204520j:image

 

 

白砂敷いて、モスを巻いた溶岩石を配置してゆきます

モス巻くのめんどくさいと思う人は多いかと思いますが、豊富な素材と木綿糸があれば実に簡単です。

ハサミで切らずちぎって張って結ばず巻くだけ、葉が伸びれば取り出してハサミで剪定

 

なので、取り出しやすい箇所にしか配置はしないようにしました
f:id:kamatarinahan:20180502204705j:image

気づけば昼過ぎ、なんやかんや4時間

あら、仕事に行かなきゃ

 

お腹減った

明日から連休、レイアウト三昧です

 

つづく