Kamatarinahan’s blog aquarium

アクアリウム水草レイアウト

101【接着剤の使い手】

(はれ)

 

お疲れ様です。

 

 

工作マニアの話です

 

 

 

ジオラマレイアウターは

接着剤の使い手

だということをご存知でしょうか

 

 

色々なブログを参考に接着剤という接着剤を試してゆく上で、アクアリウムにおいて適所にその接着剤を使用します。

 

 

 

アクアリウム用の接着剤というものは、主に水草を接着させるもので、流木や石を固定するなど万能な接着剤ではありません

まして、普通の接着剤は水の中を想定して作られていない為、水中での接着力は落ちます

 

そこで、試行錯誤して水中においても効果を持続できる接着剤の性能を駆使してゆくわけで

あくまでアクアリウムに関してということを申し添えておきます

 

 

尚、昨今発売された水中接着ジェルは真新しいものではなく、以前よりコーラルフィックス(元々は珊瑚などを接着させる為のものだとか)というものが出ており

 

 

こちらは容量が多いため私はこれを使ってますが、水中で白くなるためなるべく使わないようにしております

f:id:kamatarinahan:20181111182643j:image

また、接着跡が残る為、後々の掃除も面倒なのであります。

 

 

ですから、モスなどの活着には面倒ですが糸などを使いたいものです(またはミスト式)f:id:kamatarinahan:20181111183533j:image

上、ADAモスコットン(活着時期に溶ける)

PIXY結ばずとまる糸

 

 

 

つい先日

 

 

レイアウトにどうしても物足りない為

流木の枝を接着しました

 

日頃より、流木の折れた枝や小石などを大量にストックしております
f:id:kamatarinahan:20181111184310j:image

 

これらを物足りない流木に接着していきます

このときに使った接着剤はウルトラ多用途なものです
f:id:kamatarinahan:20181111184438j:image

これは瞬間接着剤と比べ接着に粘りがあり、固まる時間も短い

 

理由→手などが当たる可能性が高い箇所に、当たっても折れにくい為。

 

 

1日後、テープをとるとばっちりくっついています

これも水中だと接着力は弱まる為、完全に乾ききるまで養生期間が必用になりますよって
f:id:kamatarinahan:20181111185854j:image

 

透明な接着剤の糸がそのまま乾いて、糸までも弾力ある固まりよう
f:id:kamatarinahan:20181111190114j:image

 

 

使っている接着剤は以下5種類

私見的コメントは水中、レイアウトでの話
f:id:kamatarinahan:20181111184554j:image

瞬間接着剤‥細い流木等の接着、瞬間接着したい場合に重宝(水中ジェル同様)

 

シリコンボンド‥水に強く接着力弱いが剥がし易い利点、石や流木の土台固定等に重宝

 

パテ‥石などの完全固定に重宝

 

多用途接着剤‥粘りがあり接着力が強い為、枝等の接着に重宝。固まる時間も比較的短い(多用途)

 

コンクリートボンド‥容量が多いため土台の固定に重宝、但し水中での接着はかなり弱まる(だから土台部)

 

 

上記は、水に濡れている状態だと何れも接着しませんので、留意ください。

 

これらは、今まで使って失敗してきた経験に基づくものですが、大きな流木との固定には、ボンドを多く使う&外れやすい為、私は主に結束バンドを使います。

 

まだいくつか接着剤がありますが

禁じ手となるので、今回は掲載は控えさせて頂きます

f:id:kamatarinahan:20181111200957j:image

 

 

 

そうして人為的に作られた流木は


f:id:kamatarinahan:20181111191906j:image

 

作為的なレイアウトの一部へと組み込まれていくのです

 

 

そして

人と自然の合作が始まってゆく

 

 

アクアリウム界の接着剤の申し子となる日は近い

 

 

あ、全然嬉しくないわ

 

 

来週は水草をストックしていきます~