釜タリナハン’s blog aquarium

水草水槽いつまで続くかな? 釜タリナハン不安啼き

69【素晴らしきホビー】

(はれ)

 

お疲れ様です。

 

アクアリウムを初めて6月で2年となります。

 

大変なホビーですが、ここまでよく続けてこれました。

 

最近は水草の名前もほぼ覚え、成長の速さ、色合い、栄養吸収度、個々の適正環境等も理解でき、どこにどのような水草を配置すればよいかも感覚的に身となってきました。

 

あとはデザイン感性を磨くのみです

 

ネイチャーアクアリウムを沢山真似して

凹凸、三角デザイン等の基本を学んで行きます

 

こうなると、とても楽しく感じるようになります
f:id:kamatarinahan:20180526210107j:image

 

ただ、メンテナンスはもとより

リセットがとても面倒です

 

この2年でのポイントは

  1. リセットしたくなくなる水槽
  2. 常に綺麗に保ちたくなる水景
  3. 目標を持つ
  4. 自身の生活習慣を見つめ直す

 

1,2については

軽はずみにレイアウトしない

 

時間をかけ、汗をかいて作った水景は愛着が湧いてきますので、それなりに維持しようとします。

 

 

3はコンテスト応募や、人と違うレイアウトを考案するぞ!

 

などの目標を持つことでベクトルが定まり

意識的に学び、維持継続されます

もっと言えば、最終的な目的を持つことでより明確化されメンテなどの工夫を行うようになると思います。

 

私は老後のお盆栽的に(^-^;

老後に趣味がないのは、キツいものです

孫に見せたいと思うとります

 

コアなファンが増え続ける、アクアリウム関係は発展途上なので、数十年後のアクアリウム設備は凄いハイテクにシンプルになっていると思う

 

どんなデザインが流行っているのでしょう

 

4自身の生活習慣を見直す

二日酔いだと、しんどくなるのと一緒で、明日が明日になる要因となります。

部屋の掃除も一緒で、部屋が汚いと水槽まで汚れてきます。

メンテ中、部屋掃除せず、水槽掃除するのて違和感ありますよね。

 

 

レイアウト制作中は部屋ボロボロになりますが!

 

68【入山】

(はれ)

 お疲れ様です。

 

ホワイトロージーテトラ

餌にカラーブースターをあげているので

綺麗な薔薇色になりました

レッドホタルテトラに負けず劣らず、可愛いらしい魚です

産地により大小あるようですが、出来れば小型が可愛らしいですね


f:id:kamatarinahan:20180520210839j:image

 

本日軽登山にいき、英気を養いました
f:id:kamatarinahan:20180520205756j:image
f:id:kamatarinahan:20180520211148j:image

 気持ちよかた

67【入魂メンテ】

(はれ)

 

お疲れ様です。

 

流木は水を十分吸ったので、重石をとりました
f:id:kamatarinahan:20180512211527j:image

やはりアンブリアの成長がはやいので

下草に影響するため、カットします
f:id:kamatarinahan:20180512211927j:image

 

こけもいい感じに付着してきたため

オトシンクルス
f:id:kamatarinahan:20180512211812j:image

 

フネアマガイを投入
f:id:kamatarinahan:20180512212018j:image

 

ただこのコケは、ゴリゴケになるポテンシャルを秘めており、これらの生物では荷が重かったため、人力でやっつけます
f:id:kamatarinahan:20180512212117j:image

 

前回余ったオーストラリアン・ヒドロコティレはカップに保管して陽当たり良いとこに置いてみました(ソイルにほうりこむ)
f:id:kamatarinahan:20180512213000j:image

 

本日見てみると、早速根を下ろしていました、これは雑草並みに強い水草です
f:id:kamatarinahan:20180512213109j:image

 

堀込み水槽を一本に纏めましたが、これはこれで何気に気に入ってます
f:id:kamatarinahan:20180512213417j:image

 

次は600水槽をリセットして

入魂第二段をと思っとります

凹型か凸型か、どうしようかしら

66【入魂その4】

(はれ)

 

お疲れ様です。

 先日の続き

植栽→完成編

 

一旦注水して、また水を抜いて

ソイルをしめ固める
f:id:kamatarinahan:20180505092443j:image

 

高いところから

ロタラsp.haraとアンブリア植栽
f:id:kamatarinahan:20180505092613j:image

高いところから植えても園芸ネットで土止めしているので、崩れにくい

 

左から

ルドヴィジアスーパーレッド

パールグラス、グリーンロタラ
f:id:kamatarinahan:20180505092937j:image

密集して植えます。

一番低い箇所にグリーンロタラは匍匐(ほふく)させて、高さを控えるよう調整。

 

流木の隙間にオーストラリアン・ヒドロコティレを配置
f:id:kamatarinahan:20180505093852j:image

f:id:kamatarinahan:20180505093754j:image

 

ふたたび注水
f:id:kamatarinahan:20180505093527j:image

 

流木との継ぎ目を隠す意味も踏まえ

ピンナティフィダを差し込む
f:id:kamatarinahan:20180505093920j:image

で、やっと完成!

バシャリ
f:id:kamatarinahan:20180505094104j:image

今回水を注水しても何故か白濁せず、水がピカピカです、多分フィルターのバクテリアが大分生きていたせいでしょう

 

パイロットフィッシュに色々つついてくれる

スマトラ、プラティを入れました

あとは、丁寧なメンテです。

 

  • 絡み合う流木と空洞による棲息域○
  • これからですが、もっさり有茎草○
  • 長期維持管理△
  • スタンプウッドとの組合せ○
  • 白砂空間△

 

今回自己評価点65点

 

スリム水槽だからこその空間配置の難しさから白砂空間が少なくイメージと少し乖離しました

 

通常の奥行き45㎝規格でもダイナミックな流木を使うと厳しくなるのに、スリム水槽ではより配置がシビアになります。

奥行に苦しめられた(時間と労力)

多分ADA規格が45㎝から50㎝に変わる理由もそういったことからでしょう。

石1個分、この5㎝はかなり大きいです

 

ただ、スリム水槽のメリットはアクアコンパクトなど小さなフィルターでメンテが楽になることですね

 

スタンプウッドとの組合せ水槽と新たな挑戦が出来たことは、良かったと思う。

 

 

なんとか維持管理したくなるような、水槽ができましたが‥

 

まだまだ精進が必要!

 

65【入魂その3】

(はれ)

 

お疲れ様です。

 

昨日の続き

構図、植栽編

 

昨日
f:id:kamatarinahan:20180503224334j:image

 

↓ここから、モスを巻いた溶岩石等を配置

f:id:kamatarinahan:20180503224438j:image

流木が浮くので重石

リシアを混ぜたプレミアムモスを接着
f:id:kamatarinahan:20180503224608j:image

 

上から、極力植栽スペースと白砂の空間を設けるため、平均台のように細い流木スペース
f:id:kamatarinahan:20180503224548j:image

 

一旦注水

ソイルこぼれがないか確認(こぼれてた)
f:id:kamatarinahan:20180503225232j:image

 

ソイルこぼれを直して

水を抜いてソイルを締めます
f:id:kamatarinahan:20180503225331j:image

 

腰がヤバイので明日

植栽編につづく

64【入魂その2】

(くもり)

 

本日痛めた腰にむち打ち

レイアウトの続き、構図編

 

水槽は60㎝スリム、スリムだから限られた空間にレイアウトする難しさをつくづく感じました

 

奥行きがない中、ある程度ダイナミックな流木を使うと必然的に奥行きも大きなものになります

 

まず、石をバスコークで固定
f:id:kamatarinahan:20180502203217j:image

接着力は弱いものの、リセット後の取り外しが楽

 

スタンプウッドにブランチウッドを固定

シンボルが決まれば、あとは悩むことはありません
f:id:kamatarinahan:20180502203838j:image

 

もうひとつ、固定せず置く

三角構図を意識しながら
f:id:kamatarinahan:20180502203948j:image

 

そしてバックに植える有茎草を意識しながら

流木で邪魔にならぬように‥
f:id:kamatarinahan:20180502204121j:image

 

おまけでもらった小さい木っ端

これ使えんじゃね?
f:id:kamatarinahan:20180502204409j:image

 

スタンプウッドに差してみる

お、違和感ない、やっと使えるとこ見つけた!

でも、今回はやめときますか‥
f:id:kamatarinahan:20180502204520j:image

 

 

白砂敷いて、モスを巻いた溶岩石を配置してゆきます

モス巻くのめんどくさいと思う人は多いかと思いますが、豊富な素材と木綿糸があれば実に簡単です。

ハサミで切らずちぎって張って結ばず巻くだけ、葉が伸びれば取り出してハサミで剪定

 

なので、取り出しやすい箇所にしか配置はしないようにしました
f:id:kamatarinahan:20180502204705j:image

気づけば昼過ぎ、なんやかんや4時間

あら、仕事に行かなきゃ

 

お腹減った

明日から連休、レイアウト三昧です

 

つづく

63【入魂その1】

(くもり)

 

お疲れ様です。

 

スタンプウッドという切り株流木


f:id:kamatarinahan:20180502094526j:image

f:id:kamatarinahan:20180502094332j:image

 

単体ではインパクトがあります

複数の穴ぼこがあり、中に水草とか植えて小さな水槽または詫び草テラリウムで楽しめそう

 

とても手軽でアクア初心者にはうってつけの素材です

 

 
f:id:kamatarinahan:20180502094352j:image

 

レイアウトとなるとニューラージパールグラスとかモス植えて、山岳系レイアウトとかに使えそうでしょうか

 

これをあえてブランチウッドと絡めた三角構図に使ってみたいと思います。(ネットでは誰もやってなかったので‥)

 

 多分ブランチウッドとは合わないと思われているからでしょう(私も思う)

 

出来れば水草多めのレイアウトを

 

(ポイント)

  1. もっさり有茎草(際立つ有茎草)
  2. 白砂三角構図
  3. 長期維持管理(メンテし易さ)
  4. 魚の棲みやすい環境

 

3,4はレイコンと通ずる部分があります、これを意識しないと永続的に意欲的管理が難しくなると考えます

 

要は癒されないと、やる気がなくなる

 

生き生きした魚たち、美しい水草

コケも少ない、メンテも楽チン=楽しい

 

今回もっさり有茎草としたのは、美しいこともさることながら

 

養分を沢山吸収してくれるから、コケが増殖しにくい点

 

超面倒なリセットの鬱憤晴らします

メンテも考えたリセットしやすい、もとい

したくなくなるようなレイアウト作りたいなと!

 

入・魂

62【何を食う魚ぞ】

(はれ)

 

お疲れ様です。

仕事の大変さはありますが

あくまで仕事我慢できることはありますし、割りきれば今は心配事もさほどありません。

 

今の心配事は

ちょっと見にくいですが
f:id:kamatarinahan:20180423130828j:image

先日シルバーチップがモスを食べてしまい

 

最近これが原因で餌も食べられず

うんことして出そうと必死で頑張ってます。

 

ピンセットで抜こうとしても逃げるし

見るに絶えない状態です(゚Д゚;)

 

アクアリストにとって、毎回あるあるであるが、仕方がないと毎度割りきれない

う~む、いかんともしがたい

61【密林】

(はれ)

 

お疲れ様です。

 

本日換水を行いました、まだ安定せず油膜が出るため水槽の半分換水します

 

f:id:kamatarinahan:20180407225049j:image

 

水抜いたあとの水槽は鬱蒼とした密林のようです

スモーク炊いたらいい感じかもテラリウムにしては密林過ぎて

インテリアにはちょっと暑苦しい

 

プレミアムモスがいい感じにもっさりしてきました
f:id:kamatarinahan:20180407225805j:image

 

見た目によらず硬く、摘まむととパキパキと折れるような感触

 

水中CO2添加でゆっくり成長してくれます

他のモス類は延びすぎてカットすると沈み、底で着生し成長するので、メンテが超面倒なのでこれは成長も遅くメンテ要らずでとても使いやすい素材なのであります

 

これから、他の水槽も入魂していこうと思います

60【堀込み水槽の是非について】

(はれ)

 

お疲れ様です。

2月から植えた1200水槽水草

春の訪れとともに徐々に生えてきつつ
f:id:kamatarinahan:20180402200432j:image

 

完成まであとわずかしかありませんが

果たして間に合うか

 

栄養豊富なりがちな水槽は

消灯とヤマト投入を繰り返すので、有茎草の成長を阻害します

 

うちにはストック水槽ならぬ堀込み水槽がいくつかあります
f:id:kamatarinahan:20180402201138j:image

 

といっても以前ある程度レイアウトしてたのですが、いつの間にやら、ストック水槽→堀込み水槽となったのであります。

 


f:id:kamatarinahan:20180402201537j:image

主に育ちすぎた陰性水草がメインで

少ない照明の水槽に植えずに

とりあえずほりこんでおけば

なんとなくゆっくり成長します

 


f:id:kamatarinahan:20180402201905j:image

全ての水槽に入魂できる性格でない私には

 

最善の方法かと存じます。

 

59【めざせ】

(はれ)

お久で

 

暗黒石レイアウト

 

言ったほど出来は良くありませんでした
f:id:kamatarinahan:20180311233129j:image

 

やはり水草の種類を豊富にもさっとさせた方が良いですね。

それが醍醐味

 

なんで、石はそのままでレイアウト変更予定

 

ただいま1200レイアウト製作中

もう少しで安定期に入ります

 

 

これは去年の写真ですが、ホタルテトラを入れたら発色良くなり、かなり気に入ってます。

 

毎日手は動かしてますよ~。

58【暗黒石て】

(はれ)

 

お疲れ様です。

 

暗黒石インスピレーションで買いました、暗黒石いかついネーミングの石ですが

 

どこを回してみても顔だらけ
f:id:kamatarinahan:20171105205459j:image

 

鉱石系なので金属含有しており重くてもろい
f:id:kamatarinahan:20171105205538j:image

もろい=加工しやすい
f:id:kamatarinahan:20171105205437j:image

ぼこぼこしているためアクアリウムには使えるが、黒褐色のため撮影の際における石の凹凸のメリハリが出にくく、バックスクリーンや凹凸を際立たせる工夫が必要です。

 

やはり竜王石がテッパンですね。

竜王石はほんと素晴らしい石です

 

しかし

この暗黒石が最大限活かせるレイアウトを作ってみたいと思います。

 

450水槽も買ってしまいましたので^^;

※まだわかりませんが、インスタ共有に伴いブログ移転しようかと考え中(もし移転してたら暗黒石450レイアウトから探してみて下さい^^;)