釜タリナハン’s blog aquarium

水草水槽いつまで続くかな? 釜タリナハン不安啼き

28【水上葉】

(はれ)

 

おばんで釜やん

 

冬の水上葉は枯れる


f:id:kamatarinahan:20170215215623j:image

おろしのケースにいれた水上葉

 

左側がロタラで右側がアメリカンスプライトの水上葉

ロタラは花が咲く

 

アメスプは水中だと厚かましいくらいボーボーになるが、水上だとこじんまりして、なんとも愛くるしい

アメスプは水上葉が良い

 

こういった二面性のギャップを見せるのが、水草の魅力であります

ということは水上葉も水中葉になるものがあるのかしら。

不思議


f:id:kamatarinahan:20170215220152j:image

ウィローモスを少しケースにいれて蓋閉めて太陽光にさらしてたのがモサモサに

水中も水上でも厚かましさは変わらない

厚かましいコケである

いや、なんとも強い

 

 

ほったらかしてた300水槽
f:id:kamatarinahan:20170215221932j:image

めちゃくちゃに

レイアウトも何もあったもんじゃない

 

一本一本が長い

長いのは切って使えばと思ってたが、余りまくってきたので廃棄するしかないのだ

 

ストックでもない水槽て

なんだ?

ドジョウは喜んでるのか

 

 

水中で枯れかかったアルテルナンテラレインキーをミストで水上化
f:id:kamatarinahan:20170215222440j:image


f:id:kamatarinahan:20170215222638j:image


f:id:kamatarinahan:20170215222652j:image

復活してきてる

いけるいける、むしろ水上の方が

 


f:id:kamatarinahan:20170215223222j:image

最近水草の下部が白化してきたので、液肥を与える

その分藻がガラスにつくので本日清掃

ソイルの栄養に限界がきてる

 

液肥も高いのでリセット時期も近づいている

5月まで持つのかしら

というか、出来ればずっと思い出に置いておきたい

 

フィルター清掃しエアーと高性能活性炭のおかげで油膜はなくなったが、栄養も吸いとられている気がする

 

高性能活性炭は水中内カルシウムが減少するのは事実

その分高カルシウム入りの餌で補ってるつもりではあるが奪っているものを補うとは如何なものか

 

濾過もほどほどにしなければと感じる日であった

 

サイエンス考察、ブリーダー考察、デザイン考察

 

毎日毎日ずーーーっと考えさせられる&癒される(T人T)

 

そこそこ達成したら飽きるのかな(-_-)

 

 

忙しい→癒し→水草→∞

暇→水草→挑戦→考察→∞

 

いや、飽きる要素がないな