Kamatarinahan’s blog aquarium

アクアリウム水草レイアウト

167【60cmDA制作⑤(白砂敷き)】

(くもりときどきあめ)

 

 

お疲れ様です。

 


前回DAに大切な白砂(サンド)を敷くのを忘れておりました…

 

 

DA白砂の敷き方

水を入れる前に砂を敷く方もいると思いますが、細かい部分は水を張ってからの方が楽です

f:id:kamatarinahan:20191014190003j:image

 

意外に知らない便利な方法

やり方は非常に簡単です

 

 

①バケツに砂と水を入れ混ぜますf:id:kamatarinahan:20191014190031j:image

 


②砂と水をスポイトで吸います

f:id:kamatarinahan:20191014190050j:image

 

 

③出します

f:id:kamatarinahan:20191014190108j:image

 


さらさら~

f:id:kamatarinahan:20191014190133j:image

大きめのスポイトが楽です
スポイトに砂が良く詰まる場合、スポイトの吸い込み口をキリか何かで大きくすると良いと思います
私はソイルが吸えるよう吸い口を大きめにしています

汚れが目立ってくると、敷き換えるつもりなので薄く敷きます

 

 


簡単に敷けました

砂にエキノドルステネルスを植えるというか、石に挟みます
f:id:kamatarinahan:20191014190204j:image

砂は薄く敷いていますので、ヘアグラスだと浮いて来てしまうため、テネルスを使いました

また、ブセのインパクトが強すぎてヘアグラスだと負けてしまいます

底床により細かいレイアウトをする場合は、砂は厚く敷いたほうが良いと思います

 

 

 

魚を入れたいので、いつもの店に買いに行きました

 


相変わらず、のどかやの~

f:id:kamatarinahan:20191014191205j:image

 

昭和感いい~
f:id:kamatarinahan:20191014191234j:image


f:id:kamatarinahan:20191014191351j:image

 


今回はレイアウトが細かいので、小型魚を選びます


f:id:kamatarinahan:20191014191438j:image

f:id:kamatarinahan:20191014191448j:image


魚を撮るため、マクロレンズで撮影しようと思いましたが、うまく撮れなかったので、写真はまた次回にします…練習が必要です…

 

 


石の多い水槽の水質を計るためGH試薬を使います
二滴入れましたが、一滴でうっすら色が付いたので、おそらく1~1.5°DHです


水草適正なGHは1~3°DH(約18~54ppm)ですので、問題ないですね
f:id:kamatarinahan:20191014191713j:image

 


ひとまずこれでほんとの完成!
f:id:kamatarinahan:20191014191731j:image

 

 

水草の成長を見守りますf:id:kamatarinahan:20191014205016j:image

 

 

2ヶ月くらいかかるかな~