Kamatarinahan’s blog aquarium

アクアリウム水草レイアウト

140【水草育成の楽しみ】

(はれ)

 

お疲れ様です。

 

スパイラル流木水槽は

本日もいつも通り半分換水
f:id:kamatarinahan:20190609215648j:image

換水の量は1/3換えたり、半分換えたり、全部換えたりと適宜水の様子を見ながら変えています

かなり調子が良いので、来週から1/4くらいの換水でも良いと思います

 

 

こちらの水槽左端には先日買ってきた

アヌビアス・アングスティフィリア

があります

f:id:kamatarinahan:20190609220430j:image

 

良く流通しているアヌビアスとは違い、葉の先が尖ったように、シャープです

 

育てているうちに美しい葉脈が浮き出てきました

f:id:kamatarinahan:20190609220641j:image

 

いや、葉脈が濃く残り、その他の部分が薄くなったのかもしれません

なぜこうなったのかわかりませんが大変美しくインパクトがあります

f:id:kamatarinahan:20190609221308j:image

 

水槽の裏から見ると根が凄いです

通常のアヌビアスよりも根が細かい
f:id:kamatarinahan:20190609221411j:image

 

葉のインパクトと言えば、アヌビアス・コーヒーフォリアですが、こちらは葉の凹凸が美しく、パルダリウムなどでも良く使われます

f:id:kamatarinahan:20190609221710j:image

 

横に植えてあるアングスティフィリアは葉脈は出ていません
f:id:kamatarinahan:20190609221823j:image

 

 

それぞれ違う水槽で育てており、水の栄養度、phは同じくらいだと思います

水質の違いとしては、KH,GHでしょうか

葉脈が出ているスパイラル流木水槽の方がGHは低いはずです

 

GHに関係するのでしょうか

 

不思議です

 

 

不思議と言えば

こんなもの買ってきました

トランペットニムフォイデス

f:id:kamatarinahan:20190609223221j:image

 

トランペットみたいなラッパ口の葉
f:id:kamatarinahan:20190609223936j:image

培養から水槽で1週目のようですが、とにかく不思議な葉形です

ガガブタ同種で学名はLimnocharis

硬度が高めの方が良いとの情報ですが、カミハタ養魚曰くは原生地の硬度が高いだけであえて硬度をあげなくても育つのだそう

 

その情報が正しければ、育成における対応幅が割と広いということが言えます

3cmくらいしか伸びないようで、前景草になるそうですが、成長も遅い為レイアウトでは使えない草です

 

 

情報が殆どない水草ですが

一番驚くのが、シューターを出して増えるらしいです、イメージがつきませんが好奇心そそられる水草です

 

うまく育った情報がありませんが、とにかくカップごと水槽に入れて、大切に育ててみたいと思います

f:id:kamatarinahan:20190609224423j:image

 

水草成長過程が楽しみです

 

じーーーーーーーー
f:id:kamatarinahan:20190609225326j:image

 

枯れさせてしまうかも‥