Kamatarinahan’s blog aquarium

アクアリウム水草レイアウト 呑み助から世界レイアウトコンテストプレート獲得までの道のり

182【カリウム液肥とph降下液をつくる】

(はれ)

 

 

お疲れ様です。

そして明けましておめでとうございます

 

 

この年末年始休暇

あまりゆっくり出来ませんでした‥

 

 

 

先日カリウム液肥が無くなってきたので、自作することにしました

カリウム水草にとってはご飯

消費も早いので、毎日結構な量を添加しなければなりません

7本の水槽を管理するに毎度購入するのは金銭的に厳しい為、節約したいと思います

 

 

 

カリウム液肥をつくる

他のブログにも載ってるので詳しくは他のブログを参照いただければと

 

[用意するもの]

f:id:kamatarinahan:20200106011237j:image

 

 

300mlのボトルに30gの炭酸カリウムをいれます
f:id:kamatarinahan:20200106011425j:image

 

 

さらさら〜
f:id:kamatarinahan:20200106011640j:image

 

 

精製水を入れてボトルを振って出来上り

簡単です
f:id:kamatarinahan:20200106011759j:image

 

 

 

その時の温度にもよりますが、phは11以上にもなる

強いアルカリ性となりますので取扱い注意です

 

 

 

 

ph降下液をつくります

自作したカリウムを添加するとphが上がるため、ph降下液を自作します

 

phを下げることは上記以外にも水草水槽にとって大切です

 

 

説明するとややっこしいので時系列で見ていただければと思います

 

 

テトラph/khマイナスがあります
f:id:kamatarinahan:20200106141217j:image

 

 

このphはなんとマイナス5

プッシュボトルの中のスプリングがやられるので、前から酸が強いのかなとは思っていましたが‥

f:id:kamatarinahan:20200106141357j:image

おそらくphが温度に左右されない薬品(強めの酸)が使われていると思います

 

 

 

こちらは100リットルに対して10mlの添加f:id:kamatarinahan:20200106154602j:image

 

 

phマイナス5を家庭用品(安全な)でつくるのは現実難しいので

クエン酸を使います、体にも良いとされていますよね

 

 

この量も説明するとややこしいのですが

300mlにクエン酸小さじ3杯
f:id:kamatarinahan:20200106154401j:image

 

 

食紅も入れます
f:id:kamatarinahan:20200106155123j:image

 

 

 

ph を測ると1.4

温度などによりphは変動しますが、これ(テトラの3〜4倍くらいの添加量)を目安とし、水槽で1プッシュづつ添加しながら調整していきます
f:id:kamatarinahan:20200106155148j:image

 

ボトル内のクエン酸の量をたくさん入れたからといってphが大きく下がるわけではないですが

テトラph/khマイナスphマイナス5ですのでそれに近づける為(絶対近づきませんが)、小さじ3杯と多めに入れましたが、水槽内への溶解量から考えると、私はもう少し多く(濃く)ても良いかと思います

 

 

 

カリウム液肥にも間違えないように

黄色い食紅を入れて出来上りです
f:id:kamatarinahan:20200106163137j:image

 

 

 

60cmDA水槽

昨日の夜、右側をトリミング
f:id:kamatarinahan:20200106165702j:image

 

 

 

そしてスパイラル流木水槽60をリセットしました
f:id:kamatarinahan:20200106165811j:image

 

さて、どんなん作ろうかな〜

 

 

腰痛いかも‥